1.5℃ 2016 2016年 2017年 2℃ Before The Flood CO2 COP COP21 cop22 ENSO EPA EU EU離脱 GDP google IPCC IPCCレポート IPO JMA Keystone XL NASA NOAA PDO PETM Pokémon GO SNS state of the climate TPP twitter UAH UNFCCC WHO アカデミー賞 アジア アフリカ アマゾン アメリカ アラスカ アラビア海 アルバータ アルベド アンケート アンケート/世論調査 アースデイ イエメン イギリス イリノイ州 インド インドネシア インド洋 インフォグラフィック エクソン エクソンモービル エチオピア エネルギー エルニーニョ オクラホマ オスカー オバマ オリンピック カナダ カボチャ カリフォルニア カリブ カーボンバジェット キリバス キーストーンXLパイプライン ギャビン・シュミット グラフ グリーンランド グローバルウィットネス コロンビア コンセンサス コーク コーヒー サイクロン シェール シェールガス/オイル シリア ジェット気流 ジカ熱 スタンディングロック スタンディングロック・スー スタンディングロック・スー族 スポーツ セレブ ソーシャルネットワーク ソーラーパネル タンガニーカ湖 タールサンド ダコタ・アクセス・パイプライン ツイッター ツバル テキサス ディカプリオ デモ トランスカナダ トランプ トルネード ニュース ネガティブエミッション ハイエタス ハイチ ハリケーン バクテリア バハマ パイプライン パリ協定 パンプキン パーム油 ヒートドーム ビジュアライゼーション ピープルズ・クライメート・マーチ フィリピン フィードバック フォート・マクマレー フラッキング フランス フリント フロリダ ブラジル ブルーカット プリンス ペルシャ湾 ホッキョクグマ ポケモン ポケモンgo マウナロア マウンダー極小期 マシュー マレーシア ミネソタ州 メタン モンサント ヨーロッパ ラテンアメリカ ラニーニャ ラーセンC棚氷 リオオリンピック リオデジャネイロ リオデジャネイロオリンピック リオ五輪 ルイジアナ レオナルド・ディカプリオ ロシア ワイン ワシントン州 世界平均気温 世論調査 中国 中東 二酸化炭素 二酸化炭素排出量 二酸化炭素濃度 五輪 京都 京都議定書 人口 人新世 人権 健康 健康問題 健康被害 先住民 再生可能エネルギー 労働環境 動画 化石燃料 北大西洋 北極 北極圏 北極振動 北極温暖化増幅 南太平洋 南太平洋諸島 南方振動 南極 南極半島 南極海 原子力 原子力発電 原発 古気候 国連 国連気候変動枠組み条約 国連気候変動枠組条約 土壌 地図 地球が壊れる前に 地球温暖化 地球温暖化基礎知識 地球温暖化懐疑論 地震 大気汚染 大西洋 天気 天然ガス 天然資源 太平洋十年規模振動 太平洋数十年規模振動 太平洋諸島 太陽光 太陽活動 山火事 島しょ国 干ばつ 平均気温 持続可能性 摂氏2度 摂氏2度 政治 既定の温暖化 日本 暁新世/始新世境界温暖化極大期 最終氷期 東南アジア 棚氷 植物 極地域 極小期 極渦 気候 気候マーチ 気候レポート 気候倫理 気候公正 気候変動 気候変動に関する政府間パネル 気候変動否定論 気候変動基礎知識 気候変動対策 気候変動懐疑論 気候感度 気候正義 気候難民 気温 気温上昇 気象庁 水不足 水力発電 水圧破砕法 水循環 水資源 水質汚染 氷山 氷床 氷床融解 氷棚 氷河 氷河期 永久凍土 洪水 海氷 海洋 海洋酸性化 海面上昇 温室効果ガス 温暖化 温暖化極大期 湿球温度 火力発電 炭疽 炭素収支 熱塩循環 熱帯林 熱帯雨林 熱波 猛暑 珊瑚白化 環境 環境保護 環境倫理 環境公正 環境問題 環境差別 環境正義 環境汚染 環境破壊 環太平洋パートナーシップ協定 生態系 生物多様性 異常気象 石油 石炭 石炭火力 石炭火力発電 研究/レポート 竜巻 米中西部 紛争 経済損失 絶滅 自然エネルギー 衛星 西南極 豪雨 資源開発 農業 酷暑 野火 集中豪雨 風力 風力発電 食糧 食糧危機 食糧問題 2℃

【ダコタ・アクセス・パイプライン】 トランプ政権が環境評価見直し期間延長を申し立て

2017/07/20 10:01
  スタンディングロック・スー族が水源としている、ミズーリ川上流にあるオアへ湖の地下を通過するパイプライン建設が環境正義問題に発展し、米先住民グループを中心とする人々が1年以上にわたって抗議活動を続けてきたダコタ・アクセス・パイプラインは、6月14日にワシントンD.C.米連邦裁判所のジェームズ・ボアズバーグ判事がトランプ氏の大統領令に基づいた米陸軍工兵隊による建設認可は違法であるという判断を下し、米陸軍工兵隊に対して環境への影響を再分析するよう命じた後、同21日には7月と..

続きを読む

【ダコタ・アクセス・パイプライン】 公聴会を経て秋以降に最終判断へ  パイプラインの運転は続行

2017/06/22 18:13
  スタンディングロック・スー族をはじめとする米先住民に対する環境正義問題へと発展し、1年以上にわたって抗議活動が続けられてきたダコタ・アクセス・パイプライン建設問題は、先週、ワシントンD.C.米連邦裁判所のジェームズ・ボアズバーグ判事がトランプ大統領の命令に基づいた米陸軍工兵隊の建設認可が違法であるという判断を下し、米陸軍工兵隊に対して環境への影響を再分析するよう命じました。 ※ ここまでの流れは以下のリンクから◆ パイプライン建設に先住民が抗議の座り込み  環境正義..

続きを読む

【ダコタ・アクセス・パイプライン】 米連邦地裁がトランプ政権の建設認可を違法と判断

2017/06/15 14:58
  米先住民スタンディングロック・スー族に対する環境正義問題と先住民の自治権や基本的人権の問題に発展している、ノースダコタ州からイリノイ州を結ぶ総額38億ドル(約3900億円)にのぼるダコタ・アクセス・パイプライン建設プロジェクトは、スタンディングロック・スー族の居留区近くで先住民グループによる抗議活動が実を結び、オバマ前大統領が居留区近くにあるオアへ湖の地下でミズーリ川を通過するルートでの建設を却下しました。   しかし、政権が移行するとすぐに、トランプ大統領はオバマ..

続きを読む

【トランプ政権】 気候変動対策を見直す大統領令に署名も先行きは不透明

2017/04/01 15:23
  ドナルド・トランプ米大統領は現地3月28日(火)、オバマ政権が残したクリーンパワー・プランやメタンガス排出、二酸化炭素の社会的コスト、公有地における新規石炭採掘の禁止などを含む気候変動対策に関する規制を見直すための大統領令に署名しました。   今回は、気候変動に関する規制見直しの大統領令によって、オバマ大統領が任期中に実施した気候変動対策がどのような影響を受けるのか、大統領令によってできることとできないことをまとめてみます。 1. 「クリーンパワー・プラン」の見直..

続きを読む

【ダコタ・アクセス・パイプライン】トランプ政権による建設認可に対する先住民側の建設一時停止請求を連邦地裁が却下  さらなる法廷闘争へ

2017/02/14 16:42
    Credit: Tony Webster - Bakken / Dakota Access Oil Pipeline   約1年にわたり反対運動が続けられてきた、米先住民スタンディングロック・スー族の居留区近くを流れるミズーリ川に造設されたオアへ湖の地下を横切るルートでのダコタ・アクセス・パイプライン建設について、トランプ政権が2月8日に最終的な認可を与えましたが、先住民側はすぐにその判断を不服として連邦地裁に建設の一時停止を求めていました。 ※ ここまでの話は以..

続きを読む

ダコタ・アクセス・パイプライン建設に出資している銀行 ~ 環境差別に手を貸す金融機関

2016/09/17 11:49
ここまでの話・ パイプライン建設に先住民が抗議の座り込み  環境正義問題へと発展・ 【アップデート】ダコタ・アクセス・パイプラインに一時的な建設中止命令・ 米連邦3省庁がダコタ・アクセス・パイプライン建設の一時中止を発表   米ノースダコタ州からイリノイ州を結ぶダコタ・アクセス・パイプラインの建設を巡って、建設ルートの近くに居留区があり、1kmに満たない場所でパイプラインがミズーリ川の下を通過するスタンディングロック・スー族をはじめとする100をはるかに超える先住民グル..

続きを読む

米連邦3省庁がダコタ・アクセス・パイプライン建設の一時中止を発表

2016/09/10 11:30
ここまでの話 ・ パイプライン建設に先住民が抗議の座り込み 環境正義問題へと発展 ・ 【アップデート】ダコタ・アクセス・パイプラインに一時的な建設中止命令   ノースダコタ州からイリノイ州を結ぶダコタ・アクセス・パイプラインの建設を巡り、スタンディングロック・スー族をはじめ、100を超える先住民グループがノースダコタ州の居留区近くで約1か月にわたって抗議活動を行い、建設業者側が暴力によって抗議活動の阻止を図るなど緊張が高まっていましたが、2016年9月9日..

続きを読む

石油とガスが原因で延べ75万人の子どもが夏にぜんそく発作を起こすようになるという研究結果  米環境保護団体

2016/09/08 14:05
  石炭や石油、ガスなどの化石燃料がもたらす弊害は二酸化炭素排出による気候変動だけでないことは、これまでにも記事にしてきました。化石燃料の使用が主な原因の大気汚染により年間550万人が早死にしているという研究結果や、シェールガスの採掘に用いられるフラッキングに起因する大気や水の汚染、騒音などによる健康被害、フラッキング後のガス井に注入される使用済み廃液による地震の増加、石炭火力発電所が人種的マイノリティや低所得層が多い地域に建設される傾向があること、石炭や原油、ガスなどの..

続きを読む

【アップデート】ダコタ・アクセス・パイプラインに一時的な建設中止命令

2016/09/07 15:03
ここまでの話・パイプライン建設に先住民が抗議の座り込み  環境正義問題へと発展   ノースダコタ州からイリノイ州を結び、1日あたり47万バレル以上の原油を運ぶといわれる全長約1,800kmのダコタ・アクセス・パイプラインの建設に反対し、パイプラインが居留区の近くを通過するスタンディングロック・スー族をはじめとする先住民グループがアメリカとカナダから集結して数週間にわたって抗議活動を行ってきましたが、先週末に建設業者側が番犬と催涙スプレーを使って抗議活動を阻止しようとする..

続きを読む

パイプライン建設に先住民が抗議の座り込み  環境正義問題へと発展

2016/09/06 10:08
  米ノースダコタ州とイリノイ州を結ぶ約1,800kmの「ダコタ・アクセス・パイプライン」の建設を巡り、建設ルート近くに居留区がある地元先住民「スタンディングロック・スー族」が、数週間にわたりキャンプを張って抗議の座り込みを行っています。また、全米から他の先住民も現地に応援に駆けつけ、ワシントンD.C.でも抗議活動が行われるなど、先住民に対する環境正義問題に発展しています。   建設予定のパイプラインは、ノースダコタ州のバッケン油田からサウスダコタ州、アイオワ州を通過してイ..

続きを読む

フラッキング(水圧破砕法)による健康問題

2016/09/01 16:14
  以前、「フラッキング(水圧破砕法)って何?フラッキングの何が問題?」という記事で、「フラッキング(水圧破砕法)」と呼ばれるシェールオイル/ガスの採掘方式がもたらす様々な問題について取り上げましたが、今回はその中でフラッキングが人々の健康に与える影響について、いくつか研究結果を挙げてみます。 1. エール大学の研究チームが、広範囲でフラッキングによるシェールガス開発が行われているマーセラスシェール層に位置するペンシルベニア州ワシントン郡の180家族、合計492人に対し..

続きを読む

WHOレポート: 世界の大気汚染が悪化し貧困国に最も深刻な打撃  日本の15都市中14都市もWHOの基準値を超える汚染

2016/05/16 18:00
Credit: FreeImages.com/Rybson   世界保健機関(WHO)は、大気汚染に関する最新のレポートを発表し、PM2.5やPM10がWHOの定める基準値を上回る都市に住む人が全体の80%を超えており、特に収入の低い都市に住む人々が最も影響を受けていると指摘しています。   103ヶ国の3000都市における2008年から2013年までの大気汚染データによると、中低所得国の人口10万人以上の都市の98%が、WHOが定める大気汚染のガイドラインの基準を満たし..

続きを読む