1.5℃ 2016 2016年 2017年 2℃ Before The Flood CO2 COP COP21 cop22 ENSO EPA EU EU離脱 GDP google IPCC IPCCレポート IPO JMA Keystone XL NASA NOAA PDO PETM Pokémon GO SNS state of the climate TPP twitter UAH UNFCCC WHO アカデミー賞 アジア アフリカ アマゾン アメリカ アラスカ アラビア海 アルバータ アルベド アンケート アンケート/世論調査 アースデイ イエメン イギリス イリノイ州 インド インドネシア インド洋 インフォグラフィック エクソン エクソンモービル エチオピア エネルギー エルニーニョ オクラホマ オスカー オバマ オリンピック カナダ カボチャ カリフォルニア カリブ カーボンバジェット キリバス キーストーンXLパイプライン ギャビン・シュミット グラフ グリーンランド グローバルウィットネス コロンビア コンセンサス コーク コーヒー サイクロン シェール シェールガス/オイル シリア ジェット気流 ジカ熱 スタンディングロック スタンディングロック・スー スタンディングロック・スー族 スポーツ セレブ ソーシャルネットワーク ソーラーパネル タンガニーカ湖 タールサンド ダコタ・アクセス・パイプライン ツイッター ツバル テキサス ディカプリオ デモ トランスカナダ トランプ トルネード ニュース ネガティブエミッション ハイエタス ハイチ ハリケーン バクテリア バハマ パイプライン パリ協定 パンプキン パーム油 ヒートドーム ビジュアライゼーション ピープルズ・クライメート・マーチ フィリピン フィードバック フォート・マクマレー フラッキング フランス フリント フロリダ ブラジル ブルーカット プリンス ペルシャ湾 ホッキョクグマ ポケモン ポケモンgo マウナロア マウンダー極小期 マシュー マレーシア ミネソタ州 メタン モンサント ヨーロッパ ラテンアメリカ ラニーニャ ラーセンC棚氷 リオオリンピック リオデジャネイロ リオデジャネイロオリンピック リオ五輪 ルイジアナ レオナルド・ディカプリオ ロシア ワイン ワシントン州 世界平均気温 世論調査 中国 中東 二酸化炭素 二酸化炭素排出量 二酸化炭素濃度 五輪 京都 京都議定書 人口 人新世 人権 健康 健康問題 健康被害 先住民 再生可能エネルギー 労働環境 動画 化石燃料 北大西洋 北極 北極圏 北極振動 北極温暖化増幅 南太平洋 南太平洋諸島 南方振動 南極 南極半島 南極海 原子力 原子力発電 原発 古気候 国連 国連気候変動枠組み条約 国連気候変動枠組条約 土壌 地図 地球が壊れる前に 地球温暖化 地球温暖化基礎知識 地球温暖化懐疑論 地震 大気汚染 大西洋 天気 天然ガス 天然資源 太平洋十年規模振動 太平洋数十年規模振動 太平洋諸島 太陽光 太陽活動 山火事 島しょ国 干ばつ 平均気温 持続可能性 摂氏2度 摂氏2度 政治 既定の温暖化 日本 暁新世/始新世境界温暖化極大期 最終氷期 東南アジア 棚氷 植物 極地域 極小期 極渦 気候 気候マーチ 気候レポート 気候倫理 気候公正 気候変動 気候変動に関する政府間パネル 気候変動否定論 気候変動基礎知識 気候変動対策 気候変動懐疑論 気候感度 気候正義 気候難民 気温 気温上昇 気象庁 水不足 水力発電 水圧破砕法 水循環 水資源 水質汚染 氷山 氷床 氷床融解 氷棚 氷河 氷河期 永久凍土 洪水 海氷 海洋 海洋酸性化 海面上昇 温室効果ガス 温暖化 温暖化極大期 湿球温度 火力発電 炭疽 炭素収支 熱塩循環 熱帯林 熱帯雨林 熱波 猛暑 珊瑚白化 環境 環境保護 環境倫理 環境公正 環境問題 環境差別 環境正義 環境汚染 環境破壊 環太平洋パートナーシップ協定 生態系 生物多様性 異常気象 石油 石炭 石炭火力 石炭火力発電 研究/レポート 竜巻 米中西部 紛争 経済損失 絶滅 自然エネルギー 衛星 西南極 豪雨 資源開発 農業 酷暑 野火 集中豪雨 風力 風力発電 食糧 食糧危機 食糧問題 2℃

楽観的なシナリオを用いても、パリ協定の目標「2℃未満」を達成できる可能性は5%という研究結果

2017/08/04 07:20
  これまでに、産業革命前から今世紀末までの気温上昇を2℃未満に抑える条件や、1.5℃未満に抑えるにはどうすればいいのか、産業革命前からこれまでに気温がどれくらい上昇しているのか、気候変動の原因となっている温室効果ガスの累積排出量が1.5℃と2℃上昇の壁を超えるのがいつなのか、今すぐに温室効果ガス排出量をゼロにすると気温はどれくらい上昇してしまうのかについて解説してきました。   また、先日紹介した、20世紀半ばと比較して世界191か国の平均気温が著しく上昇していることがひ..

続きを読む

温室効果ガスの71%を100社が排出していたという報告書  IPCC設立以降

2017/07/18 10:25
  昨年9月に、1751年から2010年までの温室効果ガス排出量の63%を90社が占めているという研究結果が発表(『90社が温室効果ガスの約3分の2を排出しているという研究結果』を参照してください)され、国家単位で排出量を算出する従来の方法とはまた違う角度から気候変動の原因となる活動に対する責任の問い方の指針が示されました。   今回、機関投資家が連携して気候変動に対する戦略や温室効果ガスの排出量の公表を企業に求める「CDP(カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)」が..

続きを読む

トランプ大統領がパリ協定離脱を発表

2017/06/02 12:08
  トランプ大統領は米東部時間6月2日午後3時過ぎ、2015年に開催された「国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)」で196か国が合意に達し、昨年11月に発効した「パリ協定」からの離脱を発表しました。   G7(先進国首脳会議)の開催前から先延ばしにされてきたパリ協定に残留するかどうかの決断について、トランプ大統領が離脱を決断したと米メディアが報じ、今日の発表に注目が集まっていましたが、大統領選での公約通り、協定からの離脱を決めました。   以前に..

続きを読む

【トランプ政権】 アメリカのパリ協定脱退はナンセンス

2017/05/10 09:21
  2015年12月に約200か国が合意に達し、2016年11月に発効した気候変動対策の国際的枠組みである「パリ協定」を実施するためのルール作りについて協議する作業部会が、2017年5月8日からドイツのボンで始まりました。トランプ政権移行後に気候変動対策関連省庁の予算を大幅に削減する案を作成し、オバマ政権時代の気候変動対策を白紙に戻す大統領令に署名するなど、気候変動対策が停滞しているアメリカに対し、多くの国からパリ協定にとどまることを求める声が相次いでいます。 【関連記..

続きを読む

米ワシントンD.C.でトランプ政権の気候変動対策に抗議する大規模なデモが開催 ~ それぞれの思いを抱いて歩く人々

2017/05/04 13:02
  4月29日(土)に、米ワシントンD.C.をはじめとする370か所以上で、トランプ政権による気候変動対策の見直しを求める抗議デモ「ピープルズ・クライメート・マーチ(以下「気候マーチ」)」がトランプ大統領就任100日を狙って開催されました。主催者発表によると、ワシントンD.C.では20万人が行進し、ホワイトハウスを取り囲んで抗議の声をあげました。 Time-lapse, bird's-eye video shows thousands of protesters m..

続きを読む

【トランプ政権】 大統領令通りに気候変動対策が見直されると米の温室効果ガス排出量はどうなるのか

2017/04/02 11:17
  前回はオバマ政権時代の気候変動対策を大きく見直すためにトランプ氏が署名した大統領令についてまとめましたが、記事で触れたように、トランプ政権による政策の多くは法廷で争われる可能性が高いうえに、今後のエネルギー市場の動向も不透明なため、大統領令によるアメリカの温室効果ガス排出量への影響については不確かな要素が多く、先行きは不透明です。   アメリカは、パリ協定における温室効果ガス排出量削減目標を、2025年までに2005年比で26%から28%と定めています(日本は2030年..

続きを読む

もっと見る