2月のアメリカが極端に暖かかったことを示すデータ  日毎の最高気温の記録更新数が最低気温の記録更新数の64倍

  2017年2月のアメリカは、広い地域で異様に暖かい期間が数回にわたって訪れたため、各地で日毎の最高気温が観測史上最高を更新する一方で、日毎の最低気温の記録更新が少ない、極端な気候となりました。   クライメート・セントラルによると、2月22日までの時点では、日毎の最高気温が過去最高を記録したのが3,146件だったのに対し、日毎の最低気温が過去最低を更新したのは27件と、その比率は116対1…

続きを読む

2017年は観測史上3番目の暑さに  英気象庁予想

  世界の主要気象機関による公式なデータはまだ発表されていませんが、2014年と2015年に続いて2016年の世界平均気温が3年連続で観測史上最高を更新するのは間違いありません。   そこで気になるのは、「2017年はどうなるの?また観測史上最高を更新するの?」というところだと思います。   英気象庁が昨年末に発表した世界平均気温の予想によると、2017年は2016年、2015年に次いで観測…

続きを読む

今すぐに二酸化炭素の排出を止めても気温は最悪の場合7℃上昇するという研究結果 著名な気候科学者たちは否定的

  これまでに発表された研究結果で、世界平均気温の連続した再構築期間が最も長いのは22,000年でした。それを超える長期間の気温変化を表すグラフは、いくつもの研究結果をつなぎ合わせて作られています。   現在は米環境保護庁(EPA)に勤めるキャロリン・スナイダー氏が米スタンフォード大学博士課程在籍時に執筆し、科学誌「ネイチャー」に掲載された研究 (Snyder 2016) では、海洋の堆積物に…

続きを読む

2017年は今年よりも涼しい年になる見通し  NASA気候科学者

  世界平均気温は2014年、2015年と2年連続で過去最高を更新中で、今年も米航空宇宙局(NASA)と米海洋大気局(NOAA)のデータではすべての月で観測史上最高を記録しており、NASAゴッダード宇宙研究所のギャビン・シュミット氏は、99%以上の確率で昨年を上回って今年が最も暑い年になると指摘しています。   そのシュミット氏が、今年末の世界平均気温に加え、来年(2017年)の気温も予測して…

続きを読む

「気候はずっと変動してきた」という否定派の根強い言説に対しウェブコミック著者の描いたグラフが話題に

  「気候はずっと変動を続けてきた。なぜ今さら心配する必要があるんだ?」   人為的気候変動否定派がよく使う言葉です。   最初の文は事実です。気候は常に変動してきました。軌道の変化や地球の傾き、振動の変化、火山の噴火などによって気候は大きくも小さくも変動します。氷期になれば4℃から7℃気温が下がり、最終氷期末期だった約2万年前、米マサチューセッツ州ボストンは1.5km以上の厚さの氷に覆われ…

続きを読む

【NASA】 現在の気温上昇ペースは過去1000年で最速  1.5℃未満達成の可能性は10%以下

  『産業革命前からこれまでの気温上昇は何度なの?1.5℃にどれくらい迫ってるの?』で、米航空宇宙局(NASA)、米海洋大気局(NOAA)、そして気象庁を統合して1891年から2016年7月までのデータ分析したところ、約125年で世界平均気温は約1.3℃上昇していました。 世界平均気温の偏差(基準年は1891年~1920年)。NASA、NOAA、気象庁の世界平均気温データを元に算出。   「…

続きを読む

2300年までの気温上昇を折れ線GIFアニメーショングラフで見てみましょう

  英レディング大学の気候科学者であるエド・ホウキンス氏が世界平均気温のスパイラルGIFアニメーションを作成して話題になってから、触発されたのかビジュアライゼーションに目覚める気候科学者が増えてきました。   今回は、まず米航空宇宙局(NASA)ゴッダード宇宙研究所のディレクター、ギャビン・シュミット氏が作った世界平均気温の折れ線グラフ(上)を、同地球観測研究所(Earth Observa…

続きを読む

1850年以降の気温上昇を世界地図で見てみましょう

  気候変動による気温や二酸化炭素濃度(排出量)の話題は、難しい専門用語で埋め尽くされた文章で伝えるよりも、画像や映像を用いる方がわかりやすくインパクトも強いことは、英レディング大学の気候科学者であるエド・ホウキンス氏による世界平均気温のスパイラルアニメーショングラフの反響が大きかったことで再認識されたように感じます。   ホウキンス氏は、気候変動問題に関してこれまでとは違う方法でコミュニケー…

続きを読む

人為的温暖化はこれまで考えられていたよりも早く始まっていたという研究結果

  産業革命以降に排出された二酸化炭素を含む温室効果ガスによって人為的地球温暖化が始まったのは広く知られていますが、「2100年までの気温上昇を産業革命前と比較して2℃未満に抑える」という、気候変動でよく見聞きする目標における「産業革命前」のベースラインをIPCCは1850年から1900年としていることはあまり知られていないと思います。   でも、実際のところは米航空宇宙局(NASA)と米…

続きを読む

【NASA気候科学者】2016年前半はとてつもない暑さ&エルニーニョなしでも過去最高&今年が最も暑い年になる確率は99%

  日本の気象庁、米海洋大気局(NOAA)、米航空宇宙局(NASA)による6月の世界平均気温が出揃い、すべての気象機関のデータは、世界が観測開始以来最も暑い6月、そして最も暑い上半期(1月から6月)を経験したことを示しました。この3つの気象機関の2016年1月から6月までの気温データ(合計18ヶ月)で各月の過去最高を記録しなかったのは、日本の気象庁による5月の世界平均気温のみで、それも前年を0.…

続きを読む

5月を終えた時点でも99%の確率で2016年は最も暑い年になるとNASA気候科学者

  米航空宇宙局(NASA)による観測データで、2016年5月は1880年の観測開始以来同月として最高の世界平均気温を記録し、2015年10月から8ヶ月連続で過去最高を更新しているという記事を書きました。   また、日本の気象庁は昨年5月から今年4月まで世界平均気温は12ヶ月連続で各月の観測史上最高を更新し(今年5月は昨年の最高記録を0.01℃下回り連続記録更新は止まりました)、米海洋大気局(…

続きを読む

暑すぎて高速道路で車がジャンプするハプニング  米ミネソタ州

  気候変動によってこれまで滅多になかったような暑さが「普通」になってくると、これまで起こらなかったことが起こったり、滅多に起こらなかった珍しい現象が頻繁に起こるようになります。代表的な例として、熱波や寒波、大干ばつや集中豪雨、洪水、高潮による浸水などを挙げることができます。   先日、米ミネソタ州の高速道路で、暑さによって高速道路を走行中の自動車が相次いでジャンプする出来事が起こりました。 …

続きを読む

99%以上の確率で2016年は最も暑い年に  NASA気候科学者

  英気象庁が昨年12月に2016年の世界平均気温を予測したところ、2015年を下回る確率が5%未満だったという内容の「2016年は95%の確率で最も暑い年に」が今年(2016年)に入ってからこのブログで最も読まれていますが、4月までの世界平均気温が予想を大きく上回る異常な暖かさになったことから、今となっては英気象庁による見積りは甘かったと言っていい状況です。 1951年から1980年までの世…

続きを読む

たかが0.5℃、されど0.5℃~気温上昇1.5℃と2℃には大きな違いがあるという研究結果

  2015年に世界195ヶ国が合意した「パリ協定」では、「2100年までの気温上昇を産業革命前と比較して、1.5℃に限りなく近い2℃未満に抑えること」を目標と定めましたが、現在の二酸化炭素排出ペースでは2℃未満に抑えるのはかなり厳しく、今すぐに二酸化炭素排出量をゼロにしてもあと0.66℃気温が上昇するという研究結果もあるなど、先行き不透明よりもお先真っ暗という表現の方が近い状況です。   ま…

続きを読む

極めて危険な気候変動が50年以内に起こるかもしれないという研究結果

  産業革命前からの気温上昇を2℃以内に抑えることができれば、温暖化による壊滅的な影響を避けることができると言われてきましたが、これは「たぶん大丈夫なんじゃないかな」という程度の政治的な数字で、確かな根拠はありません。もしかすると気温が3℃上昇してもなにも変わらないかもしませんし、逆に1.5℃の上昇でも壊滅的な影響を受けるかもしれません。   また、気温上昇を2℃未満に抑えても、数千年かけて海…

続きを読む

2030年までに気温が2℃上昇する可能性があるという研究結果

                   Credit: FreeImages.com/Keith Syvinski   経済成長と人口増加に伴うひとりあたりのエネルギー消費量の増加によって、今後2020年までに産業革命前よりも世界の平均気温が1.5℃、2030年までには2℃を超える可能性があるというオーストラリアの研究チームによる論文が、科学誌「Plos One」に掲載されました。   この研…

続きを読む

衛星による気温の観測データに補正をかけたら温暖化していたという研究結果

  米議会の委員会等で、共和党の大統領指名候補であるテッド・クルーズ氏が「最も信頼できるデータ」として温暖化を否定する根拠としてきた、衛星によって気温を観測するリモート・センシング・システム(RSS)のデータに補正をかけたら、従来よりも10年あたりで0.047℃気温が上昇していたとする研究結果が、米国気象学会の科学誌「ジャーナル・オブ・クライメート」に掲載されました。 1979年以降のRSSに…

続きを読む

2℃未満を達成するには二酸化炭素排出量を従来の半分に抑えなければならないという研究結果

          Credit: Chris/flickr   世界が気候変動による壊滅的な被害を避けるために2100年までの気温上昇を2℃未満に抑えるには、二酸化炭素排出量をこれまで考えられてきた半分に抑える必要があるという研究結果が、科学誌「ネイチャー・クライメートチェンジ」に掲載されました。   以前に書いた記事では、2100年までの気温上昇を2℃未満に抑えるための二酸化炭素排出量の…

続きを読む

1万年後は、今よりも気温が7℃高く、海面は52メートル上昇するという研究結果

  今後数十年の気候変動対策次第では、最悪の場合、1万年後の世界は現在よりも気温が7℃高くなり、それに伴い海面が52メートル上昇するという研究結果が、ネイチャー・クライメートチェンジ誌に掲載されました。   これまでに発表された気候変動関連の研究は、2100年の気温や海面、降水量などについてのものが多く、もっと長期に及ぶシミュレーションがなされていなかったため(研究者によると、それはコンピュー…

続きを読む

今後5年間はさらに暖かくなると英気象庁が予測

  2年連続で観測史上最高を記録した世界の平均気温は、2020年までの5年間も上昇を続けるだろうという予報を、英気象庁が発表しました。   英気象庁が2007年から毎年更新している気温の長期予報によると、2016年から2020年までの5年間のそれぞれの世界平均気温は、1981年から2010年までの平均気温よりも0.28℃から0.77℃高くなる可能性が高いとしています。 黒の線は観測データ(H…

続きを読む