原発を推進している国ほど温室効果ガス排出量を削減できていないという研究結果

  昨年(2015年)フランスのパリで開催された「国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)」以降、気候変動対策に原子力エネルギーが必要という声が大きくなってきています。原発は発電時に二酸化炭素を排出しないというのがその理由に挙げられています(ウランの採掘や使用済み核燃料の冷却や再処理、その後10万年に及ぶ核廃棄物の管理で排出される温室効果ガスは含まれません)。   ところが、英…

続きを読む