世界規模の資源開発が40年で3倍  気候変動と大気汚染の原因に

  産業革命以降、人類による資源開発という名の環境破壊が行われてきました。特に第二次世界大戦後の勢いは凄まじく、米環境保護庁(EPA)によると、1960年頃からの50年間で人類が消費した資源は、それ以前のすべての人類史における消費量を超えているそうです。   そして今回、国連環境計画の国際資源パネルが発表したレポートによると、1970年以降の40年間で、化石燃料や金属類、その他の天然資源の…

続きを読む