新規石炭火力発電所建設への総投資額約106兆円が無駄になる可能性があるというレポート

  世界中で新たに建設されている石炭火力発電所をはじめ、建設計画中であったり環境アセスメントが行われている段階の石炭火力発電所への投資額約1兆ドルが無駄になってしまう可能性があるというレポートを、国際環境保護団体のコールスワーム、シエラクラブ、グリーンピースが共同で発表しました。   現在建設中及び建設が計画されている石炭火力発電所は、気候変動対策の実行や大気汚染防止のために、建設されたとして…

続きを読む