2016年3月の米の平均気温は観測史上4番目の暖かさ  1月から3月は観測史上3番目

  米海洋大気局(NOAA)の発表によると、2016年3月の米本土の平均気温は観測史上4番目の高さになりました。また、今年に入ってからの3ヶ月間は過去3番目に高い平均気温となっています。 2016年3月の米本土における平均気温の平年(20世紀の平均気温)からの偏差Credit: NOAA   米本土の3月の平均気温は8.6℃と平年(20世紀の平均気温)よりも3.3℃高く、1895年以降の12…

続きを読む

気候変動によって健康リスクが深刻化  米政府レポート

  人為的気候変動によって、アメリカの人々のありとあらゆる健康リスクが深刻化しており、今後も温暖化に伴ってさらにそのリスクが高まることになるというレポートを米政府が発表しました。   「The Impacts of Climate Change on Human Health in the United States: A Scientific Assessment」は、米環境保護庁(EP…

続きを読む

衛星によるデータで3月の世界平均気温が史上最高を記録

  2月は衛星、気象庁、米航空宇宙局(NASA)、米海洋大気局(NOAA)などの主要機関のデータで観測史上最も異常に暖かい月になりましたが、温暖化に加えてエルニーニョの影響がまだ残っている3月の世界平均気温も観測史上最も偏差が大きくなるのではないかと予測されています。   その先頭を切って、アラバマ大学ハンツビル校の衛星(UAH)による3月の対流圏下部の世界平均気温が発表され、予想通り1979…

続きを読む

南極の氷が予測より速く融解  今世紀中に2メートルの海面上昇も

  このまま気候変動対策をとらずに現在のペースで温室効果ガスの排出を続けると、南極大陸の氷が従来の予測よりも速いペースで融解し、今世紀末までに南極の寄与分だけで最大1.05メートル海面が上昇する可能性があるという研究論文が科学誌「ネイチャー」に発表されました。   最新のIPCCレポート(AR5)は、今世紀中の海面上昇は最悪のシナリオ(RCP8.5)で平均74センチ(52センチ~98センチ)と…

続きを読む

フラッキングに反対するアメリカ人が急増  世論調査

  米世論調査会社のギャラップ社が3月に行った調査で、シェールオイル/ガスの採掘法であるフラッキング(水圧破砕法)に反対するアメリカ人が2015年の40%から急増し、過半数を超える51%になったことがわかりました。   昨年(2015年)の同時期に行った調査では、フラッキングに賛成する人と反対する人が共に40%と意見がハッキリと分かれていましたが、今年は反対する人が51%と、1年で11%増…

続きを読む

米で20の州と地域がエクソンモービル社を捜査へ  気候変動に関する情報隠蔽疑惑で

  自社の科学者による研究で1970年代から気候変動の深刻な影響を知っていたにもかかわらず、気候変動対策を妨害するために数十年にわたって気候科学への疑惑を投げかけるキャンペーンを展開してきた、米石油大手エクソンモービル社の情報隠蔽疑惑については、すでにニューヨーク州とカリフォルニア州が独自の捜査を開始していますが、今回、マサチューセッツ、イリノイ、ニューメキシコ、オレゴン、ワシントンなども加…

続きを読む