2016年はやっぱり観測史上最も暑い年だった 米航空宇宙局と米海洋大気局

  先日、日本の気象庁から2016年の世界平均気温は過去最高だったと発表がありましたが、今日(米時間1月18日)、米航空宇宙局(NASA)と米海洋大気局(NOAA)も、2016年が1880年の観測開始以来最も暑い年になったと発表しました。 ○ 12月の世界平均気温  NASAのデータによると、2016年12月の世界平均気温は、平年(1951年から1980年)との偏差が+0.81℃と、2015年…

続きを読む

【気象庁】 2016年の世界平均気温が観測史上最高を記録 日本も1990年を上回って最も暑い1年に

  気象庁の速報値によると、2016年12月の世界は同月として観測史上2番目の暖かさとなりました。これによって、2016年が2015年を上回って観測史上最も暑い年になるのが確実となっています。 細線(黒):各年の平均気温の基準値からの偏差、太線(青):偏差の5年移動平均、直線(赤):長期的な変化傾向。基準値は1981〜2010年の30年平均値。Source: 気象庁   12月の世界平均気温…

続きを読む

2016年のアメリカは観測史上2番目の暑さ 世界と地域毎の気候の違い

  エルニーニョ現象の影響もあって、2016年の世界が観測史上最も暑い年になるのは確実なのですが、米航空宇宙局(NASA)や米海洋大気局(NOAA)、気象庁など主要機関からの公式な発表はまだ行われていません。   しかし、EU(コペルニクス)の発表によると、2016年の世界平均気温は2015年を約0.2℃上回って観測史上最高を記録しています。また、不確かな要素が大きく精度に問題がある衛星による…

続きを読む

2017年は観測史上3番目の暑さに  英気象庁予想

  世界の主要気象機関による公式なデータはまだ発表されていませんが、2014年と2015年に続いて2016年の世界平均気温が3年連続で観測史上最高を更新するのは間違いありません。   そこで気になるのは、「2017年はどうなるの?また観測史上最高を更新するの?」というところだと思います。   英気象庁が昨年末に発表した世界平均気温の予想によると、2017年は2016年、2015年に次いで観測…

続きを読む

2016年に最も読まれた記事トップ5

  2016年は、2015年に始まったエルニーニョ現象の影響が加わったこともあり、昨年と一昨年を上回って3年連続で観測史上最高気温を更新することが確実になりました。また、2015年12月に200か国近くが合意した「パリ協定」が発効するなど、気候変動関連の話題に事欠かない年でもありました。   2016年にこのブログで最も読まれた記事5本と共に、今年を振り返ってみようと思います。 1位:201…

続きを読む

【NOAA】11月の世界平均気温は観測史上5番目の高さ

  日本の気象庁と米航空宇宙局(NASA)に続いて、米海洋大気局(NOAA)が発表したデータによると、11月の世界は観測史上5番目の暖かさとなりました。なお、今年に入ってから11月までは、観測史上最高最も異常に暖かい11か月間となっています。 2016年11月の世界平均気温の偏差(基準は20世紀)。単位は左側が摂氏、右側が華氏。Credit: NOAA   11月の世界平均気温は20世紀の平…

続きを読む

【NASA】11月の世界は過去2番目の暑さ  3年連続で最も暑い年に

  気象庁に続いて、米航空宇宙局(NASA)による2016年11月の世界平均気温が発表されました。それによると、11月の世界平均気温は、同月として観測史上2番目の高さとなり、昨年10月以降の14か月のうち11か月で各月の観測史上最高を更新しています。 1880年から2016年までの11月の世界平均気温の偏差。黒い線は各年における11月の平均気温。赤い線は5年ごとの移動平均。(基準年は1951年…

続きを読む

【気象庁】11月も世界は観測史上3番目の暑さ  2016年が観測史上最も暑い年になるのはほぼ確実

  気象庁の発表によると、2016年11月の世界平均気温は、1891年の観測開始以来同月として3番目の暖かさとなりました。また、今年に入ってから5月、8月、9月が観測史上2番目、10月と11月が観測史上3番目の暑さとなり、それ以外の6か月はそれぞれの月で観測史上最高を更新しています。 細線(黒):各年の平均気温の基準値からの偏差、太線(青):偏差の5年移動平均、直線(赤):長期的な変化傾向。基…

続きを読む

ダコタ・アクセス・パイプラインのルート変更決定は来年2月まで持ち越しへ

   Credit: Joe Brusky ※ ここまでの話◆ パイプライン建設に先住民が抗議の座り込み  環境正義問題へと発展◆ 【アップデート】ダコタ・アクセス・パイプラインに一時的な建設中止命令◆ 米連邦3省庁がダコタ・アクセス・パイプライン建設の一時中止を発表◆ ダコタ・アクセス・パイプライン建設に出資している銀行 ~ 環境差別に手を貸す金融機関◆ 先住民によるダコタ・アクセス・パイプ…

続きを読む

ダコタ・アクセス・パイプラインの現行ルートをオバマ政権が却下 ルート変更へ

※ ここまでの話◆ パイプライン建設に先住民が抗議の座り込み  環境正義問題へと発展◆ 【アップデート】ダコタ・アクセス・パイプラインに一時的な建設中止命令◆ 米連邦3省庁がダコタ・アクセス・パイプライン建設の一時中止を発表◆ ダコタ・アクセス・パイプライン建設に出資している銀行 ~ 環境差別に手を貸す金融機関◆ 先住民によるダコタ・アクセス・パイプラインの建設中止を求める訴えが棄却  一部…

続きを読む

【NOAA】10月の世界平均気温は観測史上3番目  18か月中16か月で過去最高を更新

  日本の気象庁は観測史上3番目、米航空宇宙局(NASA)は観測史上2番目の暖かさだったと発表がありましたが、米海洋大気局(NOAA)のデータによると、10月の世界は観測史上3番目の暑さとなりました。今年に入ってから10月までの世界平均気温は観測史上最高を記録し、最も異常に暖かい10か月となっています。 2016年10月の世界平均気温の偏差(基準は20世紀)。単位は左側が摂氏、右側が華氏。…

続きを読む

【NASA】10月の世界は過去2番目の暑さ

  日本の気象庁に続き、米航空宇宙局(NASA)も2016年10月の世界平均気温を発表しました。それによると、10月の世界平均気温は同月として観測史上2番目の高さとなり、これで昨年10月以降の13か月中11か月が各月の観測史上最高を更新しています。 1880年から2016年までの10月の世界平均気温の偏差。黒い線は各年における10月の平均気温。赤い線は5年ごとの移動平均。(基準年は1951年か…

続きを読む

【気象庁】10月の世界は観測史上3番目の暑さ

  気象庁は、2016年10月が1891年の観測開始以来、同月として3番目に暖かかったと発表しました。また、今年に入ってから5月、8月、9月は過去2番目の暖かさ、10月が観測史上3番目、それ以外はそれぞれの月で観測史上最高を更新しています。 細線(黒):各年の平均気温の基準値からの偏差、太線(青):偏差の5年移動平均、直線(赤):長期的な変化傾向。基準値は1981〜2010年の30年平均値。C…

続きを読む

【独り言】 ディカプリオの気候変動ドキュメンタリー『地球が壊れる前に』を観て感じたこと

  11月8日(火)に行われる米大統領選を前に、米俳優で国連平和大使でもあるレオナルド・ディカプリオが有権者に気候変動問題の深刻さを訴え、投票行動につなげてもらうために製作した、気候変動がテーマのドキュメンタリー映画『地球が壊れる前に(原題:Before The Flood)』が日本時間の10月31日(月)から11月8日(火)14時までの期間限定で公開されています。   このドキュメンタリ…

続きを読む

【NOAA】9月の世界平均気温は観測史上2番目  各月の過去最高更新は16ヶ月連続で途絶える

  日本の気象庁のデータでは観測史上2番目、米航空宇宙局(NASA)の発表では過去最高だった2016年9月の世界平均気温ですが、米海洋大気局(NOAA)のデータでは観測史上2番目の高さとなり、昨年の5月から続いていた最高記録の更新が16か月で途絶えました。なお、今年に入ってから9月までの世界平均気温は観測史上最高を記録し、最も異常に暖かい9ヶ月となっています。 2016年9月の世界平均気温の偏…

続きを読む

【NASA】9月も世界平均気温は過去最高  直近12か月中11か月が観測史上最高を記録

  米航空宇宙局(NASA)の最新データによると、2016年9月の世界平均気温は同月として過去最高となり、これで昨年10月以降の12か月中11ヶ月で各月の観測史上最高記録を更新しています。 1880年から2016年までの9月の世界平均気温の偏差。黒い線は各年における9月の平均気温。赤い線は5年ごとの移動平均。(基準年は1951年から1980年。単位は℃)。NASAのGISSデータより作成。…

続きを読む

【気象庁】9月の世界平均気温は観測史上2番目の高さ

  気象庁によると、2016年9月の世界平均気温は1891年の観測開始以来、同月として2番目の高さでした。また、今年に入ってから5月、8月、9月は過去2番目の暖かさ、それ以外の月はそれぞれ観測史上最高の暑さとなっています。 細線(黒):各年の平均気温の基準値からの偏差、太線(青):偏差の5年移動平均、直線(赤):長期的な変化傾向。基準値は1981〜2010年の30年平均値。Credit: 気象…

続きを読む

帰ってきたラニーニャ  今秋にラニーニャ現象が発生する確率は71%と米海洋大気局

  約1か月前の記事で、日本の気象庁はラニーニャ現象が発生していると発表し、米海洋大気局(NOAA)は監視レベルを引き下げ、ラニーニャが発生する可能性は低いと発表していることについて解説しました。 Credit: CPC/IRI   しかし、ここにきてNOAAが再び監視レベルを引き上げ、今秋にラニーニャ現象が発生する確率を71%と発表しています(上のグラフを参照)。ただし、もしもラニーニャ現…

続きを読む

先住民によるダコタ・アクセス・パイプラインの建設中止を求める訴えが棄却

※ ここまでの話◆ パイプライン建設に先住民が抗議の座り込み  環境正義問題へと発展◆ 【アップデート】ダコタ・アクセス・パイプラインに一時的な建設中止命令◆ 米連邦3省庁がダコタ・アクセス・パイプライン建設の一時中止を発表◆ ダコタ・アクセス・パイプライン建設に出資している銀行 ~ 環境差別に手を貸す金融機関   9月に連邦3省庁によって一部地域における建設の一時的な中止命令が出ていた、…

続きを読む

ハイチで300人を超える死者を出したカテゴリー4のハリケーン「マシュー」が米フロリダ州に接近  上陸すれば2005年の「ウィルマ」以来

  ハリケーン「マシュー」がカリブからアメリカのフロリダ州にかけて猛威を振るっています。   9月29日にカテゴリー1になった後、24時間以内にカテゴリー5まで一気に勢力を強めたマシューは、その後ハイチに上陸して300人以上の死者を出し、バハマを通過してカテゴリー4の勢力(最大風速が毎秒58メートル)を保ったままフロリダ州の東海岸に向かって北上を続けています。   もしもマシューがこ…

続きを読む